少しでもお得に銀行系カードローンを利用。各社の特徴を比較しました!

毎年旅行やお祝い事など出費が多くなる季節に多く広告を見かけるようになるのが、カードローンの広告です。特に大手の銀行が運営するカードローン会社の広告には有名芸能人が多く活用されています。それもカードローンに親しみを持ってもらうためであり、サービスを広めたいという思惑があります。今回はそんな銀行系カードローンを少しでもお得に利用できるように各社を比較してみました。

まずカードローンを利用する時に気になる実質年利(年率)で秀でているのが住信SBIネット銀行のカードローンです。最低年率が2パーセントを切っており返済も余裕をもっておこなうことができます。次はカードローン利用前の審査時間についてです。地銀や信用金庫と違い審査時間が短いというメリットがあるカードローンですが、ここで最短を謳っているのが三井住友銀行のカードローンです。

最短審査時間30分で、融資までの目安を短ければ即日というサービスを提供しています。そして、少し多めの額をカードローンで利用したい人にはみずほ銀行のカードローンがオススメです。こちらは最大1000万円まで融資してくれるので、自動車の購入資金や旅行費用の捻出に向いています。自分がカードローンのどこに重点を置くかで利用する会社は変わってきます。

ここは参考になりますよ!⇒ プロミスなら即日融資も可能※時間がない方のためのキャッシング

無利息でカードローンを利用する方法

カードローンやキャッシングは、利用者が急にお金が必要になった時に役立つ融資サービスです。

借りたお金には、利息が発生し、返済時に元金と利息を合算した額を返していく事になります。

一括返済や残高リボルビング方式による分割返済でお金を返していきますが、この時に分割回数が多くなりますと、その回数分の利息が発生しますので、最終的な返済総額が高くなります。

この事を防ぐ為には、無利息で借りられるカードローンを活用するのが有効でしょう。

無利息になる条件があり、その条件を満たす事で、一定期間無利息を実現出来ます。

多くの金融会社や金融機関では、条件として、初回利用である事を挙げています。

無利息期間は、金融会社や金融機関によって異なりますが、1週間から1ヶ月程度というのが多いです。

この間に返済する事が出来る人々は、ほぼ元金を返済するだけで良いですので、お得にカードローンやキャッシングを使う事が出来ます。

低金利の業者のサービスを使えば、無利息期間が終わってからも、安い利息で借入れが出来ますので、長期間の利用がしやすいといったメリットがあります。

キャッシングやカードローンは、限度額まで借入れができ、様々な事に利用する事が出来ますので、利息が低くなるように工夫して使っていく事が大切です。

学生の利用が可能となるキャッシング

近頃では、カードローンを学生が利用できるケースが目立ってきつつあるのではないかと推測されています。このキャッシングのサービスは、比較的高い頻度で活用されるものとなりつつあるため、学生からも利用される機会が増加しています。そのため、学生でもカードローンを利用できるように条件を変更する金融機関も多くなってきており、こうした動向が如実に見受けられることに繋がってきているのではないかと思います。

以前よりも、学生がカードローンを活用できる状況が、多数の金融機関で実際に見受けられています。そのため、複数の学生が実際にカードローンのサービスを利用するようになってきており、良い傾向のひとつとして捉えられています。今後もカードローンを学生が利用できる状況が、多くのところで確認されるのではないかと見込まれています。これまで以上に学生が積極的にカードローンを利用できるようになるのではないかと、強く期待されるでしょう。